寂光院の桜

「継鹿尾の桜」は古来より歌に詠まれてきました!!
 桜の種類   ソメイヨシノ  ヤマザクラ
 桜の見頃   3月下旬〜4月上旬

 平成30年3月29日 桜風景スライドショー

木曽川沿い一之門横の桜→山麓薬医門と桜→絶景展望台の桜→山上本堂の桜→継鹿尾の里の桜(背景は犬山遊園)

 平成28年の桜風景 4月2日(曇) 写真をクリックすると拡大表示されます。

 平成28年の桜風景 4月5日(晴) 本堂前の桜と青もみじ

 山つつじ

 しゃが

 写真をクリックすると拡大表示されます。

 青もみじ

寂光院は『尾張のもみじでら』と称され、紅葉の名所としての名だけが
一人歩きしていますが、紅葉に劣らず、新緑、若葉の頃は実に爽やかで
鮮やかです。今では秋のもみじに対して、『青もみじ』と称され、
この時期にお参りになる方々が多くなりました。
青もみじの見頃 4月中旬〜5月上旬(新緑)

 青もみじスライドショー 2018年4月8日(▼ボタをクリックしてください)

 蓮(はす)

 蓮(はす) 平成28年

梅雨の合間に撮影しました。九万九千日大祭まであと1ケ月です。

 蓮(はす) 平成27年

山門脇の「蓮の花」が開花しました。
蓮は仏心を表します。
泥から出てしかも泥に染まらぬ蓮の花は清浄無垢、仏様の心にたとえられます。
(写真クリックで拡大表示します)
以下の3枚は6月18日(七七月まいり月例縁日)撮影

 あじさい

 参道のあじさい

 桔梗(ききょう)

 本堂周囲の桔梗

桔梗は寂光院の宗派である真言宗智山派の宗紋にもなっています。
(写真クリックで拡大表示します)

 百日紅(さるすべり)


カウンター