ホーム 七七月参り 年中行事 ご祈祷・ご供養 松平實胤 講演案内 お知らせ イベント      
寂光院のご案内 今月の行事 月例行事 寂光院友の会 交通案内 花だより 紅 葉 ・ 雪 思うままに

寂光院の桜 山つつじ しゃが 青もみじ
蓮(はす) あじさい 桔梗(ききょう) 百日紅(さるすべり)
寂光院では三月末からのソメイヨシノの「桜」から始まり、四月上旬〜中旬にかけての 「山桜」「しだれ桜」、可憐でなんとも美しい紫色の「山つつじ」、四月下旬から五月連休 の頃の清楚に群生する「しゃが」そして「つつじ」から「さつき」へと、咲き乱れる花を 包むような寂光院の「青もみじ」は、秋の紅葉に劣らず見事です。六月は、梅雨空の下で、 アジサイ(紫陽花)が七変化して妍を競います。七月は「桔梗」があちこちで可憐な花を 咲かせます。梅雨明けを待ちかねて百日紅(さるすべり)がピンクの花を一杯咲かせます。 その名のとおり百日ほど長い間咲き続けます。
    
画像01 画像02 画像03 画像04 画像05 画像06 画像07 画像08
♪ 左端のボタンをクリックすると音楽が流れます。♪

 寂光院の桜

「継鹿尾の桜」は古来より歌に詠まれてきました!!
 桜の種類   ソメイヨシノ  ヤマザクラ
 桜の見頃   3月下旬〜4月上旬

 平成30年3月29日 桜風景スライドショー

木曽川沿い一之門横の桜→山麓薬医門と桜→絶景展望台の桜→山上本堂の桜→継鹿尾の里の桜(背景は犬山遊園)

 平成28年の桜風景 4月2日(曇) 写真をクリックすると拡大表示されます。

 平成28年の桜風景 4月5日(晴) 本堂前の桜と青もみじ

 山つつじ


 しゃが

 写真をクリックすると拡大表示されます。


 青もみじ

寂光院は『尾張のもみじでら』と称され、紅葉の名所としての名だけが
一人歩きしていますが、紅葉に劣らず、新緑、若葉の頃は実に爽やかで
鮮やかです。今では秋のもみじに対して、『青もみじ』と称され、
この時期にお参りになる方々が多くなりました。
青もみじの見頃 4月中旬〜5月上旬(新緑)

 青もみじスライドショー 2018年4月8日(▼ボタをクリックしてください)


 蓮(はす)

 蓮(はす) 平成28年

梅雨の合間に撮影しました。九万九千日大祭まであと1ケ月です。

 蓮(はす) 平成27年

山門脇の「蓮の花」が開花しました。
蓮は仏心を表します。
泥から出てしかも泥に染まらぬ蓮の花は清浄無垢、仏様の心にたとえられます。
(写真クリックで拡大表示します)

以下の3枚は6月18日(七七月まいり月例縁日)撮影

 あじさい

 参道のあじさい


 桔梗(ききょう)

 本堂周囲の桔梗

桔梗は寂光院の宗派である真言宗智山派の宗紋にもなっています。
(写真クリックで拡大表示します)


 百日紅(さるすべり)




カウンター