折りたたみ/復元

 操作ボックス  で、折りたたみ/復元)

 秘仏観音おいただき

1年に一度 『この日、この時』 の出会い。


 「秘仏観音」とは

秘仏観音は山上本堂の60年に一度お開帳をする千手観音様の胎内仏さまです。 一寸8分の金銅仏で本当にかわいらしい千手観音さまです。 寂光院は山寺ですので古来より火災に対する対策の一つに『本尊様を分ける』、 つまり、山上本堂には千手観音さまの本体、山麓にはその胎内仏さまということです。 どちらに万が一があってもどちらかは後世に伝承できますので、今に至ることが出来ました。

 「おいただき」とは

文字どうり両掌の上に頂戴することです。 まず両掌の上に『如意宝珠守』をのせ、その如意宝珠守りの上に松平實胤山主が一寸8分の千手観音様を お乗せして松平山主とともに千手観音さまのご真言『オンバザラタラマキリク』をご一緒にお唱えするのです。

 「如意宝珠」とは

意の如く、心の思うままに福徳を生じ、あらゆる苦を取除く宝の珠(玉)の意です。 この胎内仏さまは金色の如意宝珠の中に居まします。 その金色の如意宝珠は更に根来塗の如意宝珠に収められております。 つまり、二重の如意宝珠に守られておいでになるのです。

 「如意宝珠守」とは

鬼門鎮護、福徳招来の札守りです。
1年に一度、この日に限り如意宝珠守が特別に授与されます。
如意宝珠守
秘仏千手観音様のご宝前にて謹んで大祈祷を奉修し、
貴家のご清福・所願成就を祈念したお守りです。
クリックすると
観音様が出現されます。
如意宝珠守の
お祀りの仕方
除災招福のご守護として丑寅(東北)の方角、 ご自分の机の上の「東北角」あるいは「右角」に、 また、お宅の東北隅、あるいは玄関からみて右端の 清潔な場所に、または神棚にお祀り下さい。 当山は織田信長公が参詣のみぎり、当山を清州城の 鬼門(東北)鎮護の寺として千手観音様を信仰されたこと からこのような事が伝承されています。
ご志納料 一体1,000円 (ご郵送の場合 1,200円)

 おいただきの作法

それぞれお一人お一人が 如意宝珠守り  を手にしてご宝前の@、A、Bの順でお進みください。
@お役僧から
お清めの「お加持」を受け、
Aお役僧から
ご宝剣の「お加持」を受け、
B松平實胤山主の
「秘仏観音おいただき」に進みます。

 お申込み






 平成31年の様子 3月5日(火)
今年の『秘仏観音おいただきは』一足早く春を先取りしたような陽光溢れる陽気でした。駐車場は10時前に満車、法要が行われる聖徳殿120畳の大広間は座る場所も無いほど参詣の皆さまで一杯でした。 『おいただき』は松平山主の秘仏千手観音様(胎内仏)のお話から始まり、列席者全員の諸願成就ご祈願、大般若経の転読、散華の法要と続き、最後に参詣の皆さん全員が秘仏千手観音様をご自身の手のひらに迎える文字どおり『おいただき』が取り行われました。
総門 参道の梅の花
参道の寒椿 満車の駐車場
観音坂 薬医門と千体観音堂
会場の聖徳殿へ向かう参詣の皆様 聖徳殿玄関
聖徳殿大広間一杯の列席の皆様
松平山主の法話
如意宝珠のお話(1) 如意宝珠のお話(2)
大般若経の転読(スライドショー)
散華の法要(スライドショー)
お清めの『お加持(1)』 お清めの『お加持(2)』
ご宝剣の『お加持(1)』 ご宝剣の『お加持(2)』
おいただき(スライドショー)
聖徳殿から眺めた当日の木曽川風景
カウンター